室蘭でマイナス入札!不動産鑑定評価はどうなる?

Pocket

マイナス入札は?

なかなか、更新できていません。お読みいただいている方すみません。(そんないにいないのですが(笑))

今回は、北海道新聞の記事からです。

「室蘭市有地入札 マイナス881万円 土地評価額を建物解体費上回る」(平成31年3月2日)

けっこう衝撃的です。

「負動産」がちょっとしたブームになりかけていますが、まさに、公共での入札でマイナスになったというものです。

「土地の評価額が建物解体費を上回る」というものです。

現実の不動産取引では、取引というより、「売りたい」と申し出があっても、「取り壊し費用の方が高くつきますよ」というケースが、たくさんあります。

マイナスの不動産鑑定評価は?

入札にあたっての鑑定評価はどうなっているのでしょうか?ご存知の方、いらっしゃったら教えてください。

更地価格と取り壊し費用は別に計算すれば、出せないことは無いのでしょうけど。

それよりも、買った人?お金をもらった人は、「介護付き有料老人ホームを建設する。」とのことですが、それなら、土地には価値があるということでしょう。

あれ?

それなら、取り壊し費用を市が負担して、更地で売ったのと同じことですね。

ちなみに、全国2例目とのことですが、今後たくさん出てきそうです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で