地価公示価格の一番安いところはどこ?

Pocket

公示価格の一番安いところはどこだ?

jタウンネットのコラムで「公示地価、No.1はやっぱり「ザギン」! じゃ、一番安い場所はどこ?」という記事が2018年4月2日にありました。

なかなか良い発想です!今まで高いところはどこだろうと思いましたが、安いところを考えたことはあまりなかったと思います。

地価公示とは?

地価公示価格は、地価公示法に基づいて、毎年1月1日における標準地を選定して「正常な価格」を判定し公示するものです。

地価公示法では、

第一条 この法律は、都市及びその周辺の地域等において、標準地を選定し、その正常な価格を公示することにより、一般の土地の取引価格に対して指標を与え、及び公共の利益となる事業の用に供する土地に対する適正な補償金の額の算定等に資し、もつて適正な地価の形成に寄与することを目的とする。

第一条の二 都市及びその周辺の地域等において、土地の取引を行なう者は、取引の対象土地に類似する利用価値を有すると認められる標準地について公示された価格を指標として取引を行なうよう努めなければならない。

とされています。

第一条の中で、

・一般の土地取引の当事者に対して信頼度の高い標準価格(正常な価格)としての情報を提供する

・公共事業の用に供する土地の取得価格、補償金算定などの基準を提示する

としています。

「適正な地価形成」がポイントです。

不動産鑑定士は、

第八条 不動産鑑定士は、公示区域内の土地について鑑定評価を行う場合において、当該土地の正常な価格(第二条第二項に規定する正常な価格をいう。)を求めるときは、第六条の規定により公示された標準地の価格(以下「公示価格」という。)を規準としなければならない。

とされており、評価を行うときに使わなければなりません。

(確か「規準」は、「きじゅん」ではなく、「のりじゅん」ですし)

一番安いところは?

住宅地の中では「北海道勇払郡厚真町字軽舞280番」で、価格は1平方メートルあたり500円!

記事の中ではGOOGLEストリートビューで、実際の現場のイメージも伝えています。

また、記事の中では

あくまで公示地価なので、実際に売買される価格とは異なるが、もしかしたら、あなたも土地を買えるかもしれない。

と書かれていますが、

地価公示法の「第一条の二」では、「土地の取引を行なう者は、公示された価格を指標として」とされていますので、指標として欲しいところです(笑)。

当然ですが、一番高いところは「銀座」です。

ちなみに、今年は全国的に上昇しており、景気の良さが反映されているようです。

しかし、そこを標準地として公示する必要はあったのでしょうか。

 

 

実際の記事もご覧ください↓

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で