不動産コンサルティング技能試験は、不動産鑑定士なら楽勝?

Pocket

不動産関係の資格として「不動産コンサルティング技能士」がありますが、今回はこれについてです。

不動産コンサルティング技能試験って?

主催団体のホームページによりますと、次のように書いてあります。

不動産コンサルティング技能試験・登録制度は、(公財)不動産流通推進センターが 国土交通大臣の登録を受けて実施する登録証明事業です。

試験科目は?難しい?

<択一式試験>
50問 四肢択一
事業、経済、金融、税制、建築、法律の6科目

<記述式試験>
【必修科目】 実務、事業、経済の3科目
【選択科目】 金融、税制、建築、法律の中から1科目選択
(選択科目は、試験当日に問題を確認の上、選択して解答)

とすると、不動産鑑定士が苦手な(勝手に決めつけていますが)、金融、税制あたりがポイントでしょうかね?

受験資格は?

受験資格は「不動産鑑定士で、現に不動産鑑定業に従事している方、 または今後従事しようとする方」となっていますので、不動産鑑定士なら受験可能です。
(今後従事しようとする方という表現はよくわかりませんが)

公認 不動産コンサルティングマスター

で、不動産コンサルティング技能試験に合格すると、実務経験5年以上で、「公認 不動産コンサルティングマスター」というものになれるようです。

ちょっとホームページを見てもよくわからないのですが(というか、理解しようとしていないのかも(笑))、更新手数料とかの費用が結構かかりそうです。

さらっと、ホームページを見ただけでも、お金を取られるタイミングが結構あります(笑)。

1.更新料10,200円?これは5年ごとのようですが。
2.不動産コンサルティング地方協議会が実施する不動産の「専門教育」(¥20,000)を受講すること?これも5年ごと?
3.「不動産フォーラム21」(大成出版社発行¥12,360)を年間購読したうえで、レポート等の提出が必要?これは年間購読なので、毎年。

どうも、一応、国家資格の分類には入るようですが、資格商法に近いイメージが捨てきれません。

ファイナンシャルプランナーと同じ感じですかね。
金融機関関係者はファイナンシャルプランナー(FP)で、不動産関係者は不動産コンサルティングマスターなのでしょう。

儲け方

いろいろと財団や、不動産業の方のホームページを見ていっていますが、この資格だけで儲かるものはまだ見つかっていません(というか、宅地建物取引士や不動産鑑定士を持っていないと受験資格が無いので、当然かもしれませんが)。

なかなか、資格で儲けるのは難しいようです。

ちなみに、今年の試験は11月です。(下記をご参照ください)

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で